お金欲しい!と思う人はたくさんいる

宝くじ売り場にどれくらいの列ができるのかを、想像してみてください。世の中、お金欲しい!!と思う人がたくさんいることがわかりますね。お金に絡んだ〇〇詐欺などの問題もあるように、お金欲しい人だらけなんです。だから「お金欲しい!!」と思うことは健全なこと。ただし普通の社会人なら、お金を得るための仕事をする必要があります。

お金が欲しい時の仕事は短期・単発・日払いで

月1回振り込まれるお給料なんか待っていられない!のであれば、単発で日払いお仕事が向いています。大学生やフリーターでもできるものなら、交通量調査、イベントスタッフ、引越し、軽作業などさまざま。日払いのお仕事なら履歴書不要の仕事もあります。お給料は、1日働いて5000円~1万円以上のものまでさまざま。詳細は、アルバイト関連のサイトを検索してみましょう。少々長く働ける場合は、短期もおすすめ。単発よりも安定してお金を得られます。

お金を増やすなら固定費も見直して

お金が欲しいと思う場合、「お金が足りないからほしい」という人も少なからずいますよね。その場合は、今持っているお金を減らさないことも大切です。稼いでも家計がザルになっていたら、努力が無駄になってしまいますよ。出費には固定費と変動費があり、節約するなら固定費にも着目。固定費とは、家賃や光熱費など毎月決まって発生するお金のこと。例えばスマホ代も固定費の一つ。大手キャリアより、格安スマホを選ぶのも節約です。プロバイダー料金の見直し、家賃の交渉もおすすめ。不要な保険を解除すれば、年間で数万円の貯金になり、食費をちまちま節約するより楽にお金が貯められます。

「お金が欲しい」と「バイトしたくない」は両立できる?

お金をもらう方法は、労働だけだと思っていませんか。稼ぐ方法を変えれば、「お金はを得られてバイトしなくていい」状況を作り出せます。世の中には、労働の対価としてお金を得ている人と、頭脳を使ってお金を生み出している人がいます。お金がないから働こうと思うのは、労働による収入です。一方で、頭脳を使ってお金が入る仕組みを構築すれば、労働する必要はなくなります。どのような方法があるのでしょうか。

家賃収入や投資で収入を得ることもできる

代表的なのは、家賃収入や投資。投資でも数万円から始められるものもあり、フリーターや大学生でも可です。ただし、これらの方法はお金を増やせるものの、リスクもあるため勉強が必要不可欠。特に、低リスクハイリターンのような投資はありません。労働にも言えることですが、他人任せではお金を生み出すことはできません。それに、簡単に詐欺にひっかかってしまいますよ。正しいかどうかを勉強し、収入を得るルートを築いていきます。

労働を選ぶ人は、イザという時の逃げ場も

以上お金を得る方法として、働く・節約・頭脳の3つをご紹介してきました。どの方法が自分に合っているのか、よく考えてみましょう。一般的には、労働してお金を得る人が多いですね。特に人の役に立った後に、飲むビールは最高!!だから仕事が辞められないという人もいます。働けることって、本来はとても幸せなこと。ですが日本ではブラック企業や長時間残業などで、精神的に病んでしまうサラリーマンもいます。ひとつ言えることは、無理な働き方をする必要はありません。もしも合わないなと思ったら、別の道を選択してもよいのです。

万が一の道をつくることが自信になる

なぜ働きたくなくても、つらい労働を続けるのでしょうか?それは、ほかに選ぶ道がないと思い込んでいるからです。「働きたくない」と思ったら、辞めようと思う勇気も必要です。勇気を持つためには、別に働ける場所を考えておくことが大切。例えば、転職サイトに登録するのもその一歩。サイトに登録したからといって、お金を払うことや、面接に行かなきゃなんてことはありません。今の仕事と比較してもよいですし、転職の相談もできますよ。自分のペースで進めてみてください。また就職の専門家がいるので、ブラックな会社に就職してしまうリスクも低め。正社員求人もありますので、安定してお金を得たい人はサイトをチェックしておきましょう。