一人暮らしにかかる食費と節約方法まとめ

一人暮らしを始める人にとって、『一か月の生活費がいくらかかるのか』というのは大きなテーマだと思います。中でも、『食費』を気にする人は多いのではないでしょうか。
この記事では、一人暮らしにかかる食費とおすすめの節約術の方法をお伝えします。

一人暮らしの食費 1か月の平均はいくら必要?

一か月の食費は、低い人で2万円、高い人で5万円ほどになるようです。毎日の食費に換算すると、2万円の人なら約700円、5万円の人なら約1700円です。特に会社で正社員として働いている人は、付き合いや接待などで外食代が高くつく傾向にあるので高くなりがちなようです。

さて、はじめての一人暮らしで2万円ほどに抑えられる人はなかなかいないと思います。どうしても、スーパーなどで弁当やおかずを買ったり外食が続いたりしてしまうと1日1000円以上、毎月最低でも3万円以上はかかってしまうでしょう。これを半分以下に抑えることができれば、その分貯金や趣味、娯楽などに回すことができます。

では、どうすれば賢く食費をもっと安く抑えることができるのでしょうか。

賢く食費を抑えるには『自炊』と『上手な買い物』

○自炊で食費を抑える場合のポイント
積極的に自炊する人と自炊なしの人では、かかる食費の額がまったく違います。
カレーライスを例に考えてみます。
お店で1つ頼めば1,000円近くかかります。しかし、ルーや野菜を買って自分で作れば、1箱分でも同じくらいの値段で抑えることができます。しかも、1日1食を食べ続けても1週間ほど持つので、まさに一石二鳥です。
材料費の内訳は以下です。

【内訳】
・ルー1箱 200円
・牛肉200g 600円
・玉ねぎ2個 150円
・ジャガイモ2個 100円
・にんじん1本 50円

合計すると1,100円です。
あくまでおおよその値段ですが、作るときの参考にしてください。

○上手な買い物で抑える場合のポイント
仕事が忙しくて帰りが遅かったり、疲れていたりで、どうしても自炊できない日もあるでしょう。そんな時は外食を利用するよりも、スーパー、コンビニなどの弁当やおかずに頼りましょう。夜の時間帯は、廃棄前の余りものの価格が下がっていることが多いのでお得に購入することができます。

食費を抑えることのメリット

○貯金ができる
たとえば、4万円から2万円におさえれば毎月2万円、年12万円浮きます。その分を貯金に回せば、将来の結婚資金や海外旅行のためのプラスにすることができます。
普段食費に使う額が多い人ほど、抑えたときに浮く額が大きくなります。たとえば半分に抑える場合。3万円から1万5000円に抑えても1万5000円しか浮きませんが、5万円使っていた人なら2万5000円も浮かせられます。

○健康的な体になる
外食や冷凍食品には、脂や塩分がたくさん含まれていることが多いです。自炊であれば、野菜を多く摂る、塩の量を加減するなど、自分でコントロールできるので脂や塩分の取り過ぎを控えることができます。食費を抑えられるだけでなく、ダイエット効果や健康的な体を作るというメリットがあるのです。

自炊できる力は一生役に立つ!

男性・女性関係なく、自炊できる力は人生において死ぬまで役立つものです。たとえば結婚して子供ができた場合、普段料理を作る妻・夫がいない時でも、健康的な食事を素早く用意してあげることができます。また結婚しなかった人でも、年金が少ないと言われる老後の一人暮らしの生活のなかで、食費を安く抑えることができます
「自炊なんて面倒くさい!」と思ってなかなか取り組めない人は、こうした将来にわたるメリットにも目を向けてみましょう。