書類選考に通らないと内定もムリ

面接の前に、書類選考がある企業も少なくありません。書類選考の壁を超えないと、内定にはたどり着けない現実も。書類選考だけでも数十社応募する人もザラです。応募しても、不採用の電話やメールに凹む日々の人もいます。ところで、同じ数を出しても、通る人と通らない人に分かれるのか疑問ではありませんか。ここでは、書類選考に通らない理由を考え、通過するためのコツをお伝えしたいと思います。

書類選考合格率はどれくらい?

書類選考での合格率、気になりませんか。ネット上で調べてみた結果では、合格率は3割程あれば高いほう。みんなが知っている大企業だと応募者数の1~2割ほどと推測されています。通過するかどうかは、応募者数によっても変わります。そのため応募者が多い大企業ばかり狙うと、面接にたどり着くのさえ難しくなってしまいます。採用担当者は多くの応募者から、これだ!と思う人を選び出しますが、どの点をポイントに選んでいるのでしょうか。

履歴書で書類選考を通過するポイント

採用担当者が選考にかける時間は、ほんの数分ともいわれています。その数分でいかに魅力を伝えられるかは重要。主に採用側が注目するポイントをあげてみます。
・志望動機
・自己PR
・前職の仕事内容
・前職の成果
以上の4つは面接でも聞かれることですので、しっかりと書きましょう。仕事内容などは職務経歴書に書いてもOKです。また、採用側がわかりにくい点としてあげられるのが「前職の退職理由」。某転職サイトでは4割以上の採用担当者が、転職理由に疑問を感じてしまう現状があるとのこと。書類選考はたった数分ですので、疑問点が残るような書類は不合格と判断されてしまうかも。そうならないために、前向きな転職であることを伝えましょう!

資格をたくさん書くと印象が薄れる

採用側が注目するポイントに、資格が入っていませんでしたね。資格はどの程度重要なのかをここで考えてみたいと思います。たくさんの資格を持っていると、全部書きたくなってしまいますが、それは避けましょう。ポイントは、仕事に役立つ資格に絞ること。たとえば、何でも作れるレストランより、地域で一番ウマいとんかつを作るレストランのほうが、行ってみたくなると思いませんか。資格をたくさん書いてしまうと、何でも作れるレストランと同じような印象を与え、相手に覚えてもらえません。資格はないよりもあったほうがよいですが、仕事で評価されやすいものに絞るほうが得策です。

通過するなら会社のニーズをつかむこと

書類選考に通らないわけは、採用側のニーズに合致していないことも原因。企業が必要な人物とはどんな人なのかをイメージし、その内容に応えられる人こそ合格しやすいということです。初心者OKの仕事でも、企業が必要な人材とかけ離れている場合は、採用されにくいでしょう。かといって、無理して自分を作っても面接で不採用になるのがオチ。自分の適性を知り、自分とマッチした会社を選ぶのもポイントですよ。

フリーターから正社員なら人物重視の会社も

フリーターから正社員を目指す場合、企業選びも重要。人物重視で選考をする企業のほうが、学歴や経験を重視する企業よりも書類選考に通過しやすいといえます。過去の学歴や経験は変えられないため、そこで判断する企業だと書類選考でも不利になってしまいます。それならば、過去の経験から成長してきた今の自分を、ありのまま評価してくれる企業を選んでみるのも1つの方法です。

履歴書は人に見てもらい客観的に判断を

書類選考に通過する履歴書は、自分だけで作るのはなかなか難しいです。なぜなら主観に偏り、企業のニーズと合致しにくくなるからです。就活の最初の難関である書類選考を乗り越えていくためにも、人に見てもらいながら完成させるほうが理想です。ネット上にはいろいろな就活サイトがありますが、履歴書や職務経歴書にアドバイスをしてくれるサイトもありますよ。書類選考がネックになっている人はサイトに登録し、履歴書を作ってみることをおすすめします。